若い頃、よくジーンズを履いていました。

服や雑貨のリメイクエピソード
服や雑貨のリメイクエピソード

若い頃、よくジーンズを履いていました

■ 40歳 : 女性の話
若い頃、よくジーンズを履いていました。
アウトドアやスポーツが好きだったので、自然と色んなジーンズを集めるようになったのだけど、結婚して出産してからは体型が変わってしまい、履けなくなってしまったのです。

家に大量に残っている履けないジーンズを前に、そのまま捨てるのは勿体無いと思い、出産前後の暇な時間を利用してリメイクを行いました。

ジーンズの生地はとてもしっかりしているので、バッグにしたり座布団カバーにしたりしました。
最初は、高価なジーンズにハサミを入れるのに躊躇しましたが、慣れてくるとザクザク思いのままに切りまくって、楽しく作業ができました。
バッグを作った時には、ジーンズのお尻の部分が、バッグの携帯入れのポケットになるように配置するなど、デザインを考えるのも楽しく、出産前の不安な気持ちや出産後のストレスや疲れなどを忘れることができました。

子供たちがある程度大きくなってくると、子供たち用のちいさなポシェットにしたりしました。
そこにフェルトで作ったキャラクターを張り付けるととても喜んでくれて、外出する時には必ずそのリメイクポシェットを持って行ってくれたものです。

最近では、ブックカバーにもリメイクして使っています。

おすすめ!