時代はエコ。

服や雑貨のリメイクエピソード
服や雑貨のリメイクエピソード

時代はエコ

■ 39歳 : 女性の話
時代はエコ。リサイクルは地球にやさしいだけでなく、自分でも色々アイディアを考えたりして楽しく行うことで、更に環境のために役立つことができます。
私が行っているのは洋服のリメイクです。
子供たちが赤ちゃんの頃に使っていた布オムツは、縫い直して雑巾にしました。
程良くくたびれた布おむつは、しっかりと汚れをふき取ってくれ使いやすいのでお勧めです。

赤ちゃん服で普段使いで着用していたものはさすがに友人や知人に渡すことができないので、自宅でリメイクしています。例えば、よだれかけは厚みを持たせて鍋敷きにしています。可愛いデザインが多いし、子供たちもリメイクされているのを見て「これ知ってる!自分が使っていた」と喜んでくれます。
また、洋服も赤ちゃん用のキュートな絵や柄が可愛いので、形を整えてポケットティッシュケースにリメイクしました。
これを今、子供たちは学校に持って行っています。
他にも、おくるみは座布団カバーに変身させるなど、デザインと布の性質、そして思い出を考えながら、赤ちゃん服や雑貨をリメイクするのはとても楽しい作業です。

おすすめ!