衣替えの時期になると、ちょっと前に着ていた衣服を自分で手直ししてみる気になります。

服や雑貨のリメイクエピソード
服や雑貨のリメイクエピソード

衣替えの時期になると

■ 36歳 : 男性の話
衣替えの時期になると、ちょっと前に着ていた衣服を自分で手直ししてみる気になります。同様に、日頃使っているインテリアや雑貨の類も、自分なりに見直して手直しする気になるのです。

私は他人から褒められるほど手先が器用で、枕カバーを自分で縫ったり、小物をこしらえることが上手ですので、家具も作ります。家族からもリクエストがあり、服も手縫いしているのです。

仕事の合間に趣味で行う、服や生活用品のリメイクで私がもっともよく覚えているのは、子供の服の手直しでした。
子供は活発に動き回るので、新しい服を買ってやってもすぐに擦り切れたり、ほつれたりします。そのため、手直しキットを持っておき、子供が服を洗濯するたびに確認をしておくのです。

私が行なったリメイクの中でも最も大きかったのは、袖が取れかけていたものでした。
どこで引っかけたのか分かりませんが、子供が服をだいぶ破ってきてしまったので、模様をプリントした生地で直してやりました。

家族から評判がよくなると、生活雑貨を手直しする技術もどんどん上がります。今はインテリアが破損した部分を手直ししたり、新たな要素を付け加えたりして、自分なりの味を出して楽しんでいます。

おすすめ!